Webデザイン

【 PROFILE 】元銀行員がフリーランスWebデザイナーになるまでのストーリー

ゆりか
ゆりか
当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます!
こちらのページでは、自己紹介と当ブログについてのご紹介させていただきます。

PROFILE – 泰道ゆりかについて –

はじめまして!フリーランスWebデザイナーの泰道ゆりかです。

1989年生まれ、千葉県出身。
立教大学卒業後、銀行に就職。入社3年目で体調を崩し退職したことをきっかけに、「会社や環境に縛られない働き方を実現したい」と考えるようになり、働き方を模索する。そこでWEBデザインと出会い、社会人Webスクールで半年間勉強し、28歳で未経験からフリーランスWEBデザイナーとして独立。

女性が仕事を通じて、自分らしく輝き、理想のライフスタイルや生き方を叶えるためのサポートを精力的に行っています。

ホームページ制作と講師業のお仕事をしています。

現在は、「女性が、環境に縛られず、ライフステージの変化に対応できる幸せな働き方を実現するサポートがしたい」という想いから、ホームページ制作と講師業の2軸で活動をしています。

ホームページ制作では、主にディレクションとデザインを担当しています。ただ「作る」のではなく、クライアント様のビジネスにおける本質的な問題を考え、それを解決するためのご提案から二人三脚でサポートさせていただいております。

講師業については、企業様が運営するWebデザイン講座の講師を担当させていただいたり、トークイベント等でフリーランスや女性の働き方についてお話しさせていただいてます。講座受講者数は累計600名以上になります。

講師業・トークイベント登壇実績
  • 2018年6月 一般社団法人コペンカレッジ オープンキャンパス パネルディスカッション登壇
  • 2019年6月 デジハリSTUDI新宿トークイベント登壇「フリーランスで好きを仕事に!私らしい働き方を叶える方法」
  • 2019年12月 デジハリSTUDI横浜トークイベント登壇「わたしらしく働くためのセルフブランディング講座」
  • 2018年9月~2019年7月 SHE株式会社 SHElikes WordPress講座、複業・フリーランスコース 講師登壇
  • 2019年10月~ SHE株式会社 SHElikes WordPress講座、Illustratorコース オンライン講座講師担当
  • 2019年7月~2020年2月 Famm ママ専門スクール グラフィックデザイン講座、Webデザイン講座 担当

過去に掲載いただいたインタビュー記事では、Webデザイナーになった経緯や働き方などについてお話しさせていただいてます^^

フリーランスWebデザイナーを目指す女性のための講座を運営。

講師業を通して累計600名以上の受講生と出会い、沢山相談を受けてきた中で、多くの女性たちが「スクールを卒業した後に、そのスキルをどう仕事に繋げていけばいいのわからず悩んでいる」ということに気付きました。

そこで、そのように働き方に悩んでいる女性のサポートをしたいと想い、2019年10月から「フリーランスWebデザイナー養成講座」を主催。
この講座では、私自身がフリーランスの経験から培ってきたビジネス知識とクライアントワーク実践知識をお伝えしています。

1期,2期,3期ともに満員御礼。オンラインで学べるオンラインプログラムも含めて、60名以上の方にご受講いただいております。

7月から産休に入るにあたり現在は講座の募集は行っておりません。次回開催時期は2021年1月前後を予定しております。メルマガにてご案内を差し上げていますので、ご興味がある方はメルマガにご登録ください^^

自分の時間、家族との時間を大切にできるワークライフスタイル♡

「せっかく好きなことを仕事にしたのだから、もっと頑張りたい!」

そんな気持ちで、フリーランスになったばかりの頃はとにかく仕事で忙しい毎日を送っていました。未経験からフリーランスになったからこそ、一つでも多くの実績を積みたいというプレッシャーもあったと思います。

そんな中、プライベートで2019年に結婚。

(念願のハワイ挙式♡)

結婚するまで実家を一度も出たことがなかった私(笑)ですが、旦那さんのとの時間を大切にしたい!と思うようになり、その時に「今の働き方では、仕事以外の時間に全く余裕がない」ということに気付きました。

30歳には子供が欲しいな〜となんとなく考えていたこともあり、ここから「仕事最優先ではなく、収入もちゃんと得ながら、家族との時間を大切にできる働き方」へ少しずつシフトしていきました。

そして、約半年かけて働き方をシフトしてきた結果、時間と収入を自分でコントロールできるようになり、やっと心に余裕が持てるように。

そして結婚2年目を迎えた今、新しい命を授かることが出来、7月から産休に入ります。初めての出産でドキドキですが、マタニティのことも発信していけたらと思っています!

STORY – 銀行員からフリーランスWebデザイナーになるまでのお話し –

元々、超安定志向の銀行員でした。

「フリーランス」というと、起業家を沢山輩出している大手企業に勤めていた等の過去に華やかな経歴があると思われる方も多いのですが…

私は元々、超安定志向の銀行員でした。

小さな頃からどちらかといえば消極的な性格で、チャレンジャーなタイプでは全くなく、いつも親が敷いてくれたレールに乗って、のんびりと生きてきました。

中学受験をして都内の中高一貫の女子校に通い、お洒落なキャンパスライフに憧れて一番行きたかった大学に入学。

大学では体育会の吹奏楽部に所属し、部活に明け暮れる毎日を過ごしていたため、将来のことなんてほとんど考えず、「安定していてお堅い会社」という理由でご縁があった銀行に就職しました。

そして銀行員時代は、とにかく仕事が出来ないタイプでした。
ニコニコして窓口に立っていることは出来ましたが、本当に営業が出来なくて、お客さまを怒らせて泣くというのは日常茶飯事でした。笑

体調を崩して働けなくなったことが人生の転機に。

そんな私にとって人生の転機となったのは、社会人3年目で体調を崩し、会社を退職しなければならなくなった時です。

営業職のストレスのせいか、精神的には元気なのに、声が思うように出なくなってしまったのです。最初は「風邪かな?」くらいにしか思っていなかったのですが、どんどん出にくくなってきて、上司やお客さまからも心配されるレベルになっていきました。

病院に行っても原因不明。喉の状態は悪化していく一方だったのです。

そんな状況だったにもかかわらず、今までそれなりに世間から評価してもらえる人生を歩んできたので「新卒で入った会社を辞める」ということがとても怖くて、なんとか続けたいという気持ちで必死でした。

その後、3ヶ月休職もしましたが結局治ることはなく、「身体を壊してまで働かなくていい」と両親や上司に説得されて、泣く泣く退職を決めました。

ゆりか
ゆりか
今まで自分で自分の人生についてちゃんと考えてこなかった私ですが、この時に初めて「会社や環境に縛られない働き方をしたい」と強く思うようになりました。

「手に職をつけよう!」と人生を模索する日々

会社を辞めた後、25歳で社会から取り残されてしまった気持ちに襲われる不安な毎日を送っていました。

転職活動も考えましたが、働けなくなった経験から「手に職をつけよう!」と考えた私は、自宅サロン開業を目指してネイルスクールに通ったり、アルバイトをしながら簿記の資格を取ってみたり、とにかく必死に働き方を模索しました。

(ネイルスクールに通っていた時。実はネイル検定2級持ってます!笑)

そんな時に、偶然知り合いの個人事業主の方からの「ゆりかちゃん、WordPress作れる?」とお願いされたことがきっかけで、Webデザインというものを知りました。

その時の私は、もちろんWordPressなんて作ったこともなかったし、触ったこともありません。ただ、パソコン作業は元々得意だったこともあったので、とりあえず「やってみます!」と二つ返事で引き受けました。

(その初めて作ったWordPressがこちら!懐かしすぎる…!)

半年間Webスクールに通い、未経験からフリーランスへ

これがきっかけで「Webデザインはパソコンがあればお仕事できるしいいかもしれない…!」と考え、社会人Webスクールに通うことを決めました。そこから半年かけてWebデザインを学び始めます。

(卒業制作のクラス。最後の発表日の集合写真!)

とはいっても「Webデザイナーとしてフリーランスになる!」という気持ちはあったものの、正直「フリーランスとしてやっていけるのかな?」「まだ20代だし、転職した方がいいんじゃないかな?」とずっと不安と迷いがありました。

スクールの転職相談エージェントも利用したのですが、やはり「未経験で、まだ20代だから、まずは転職した方がいいですよ。フリーランスはいつでもなれるから、ちゃんと経験を積んだ方がいいです。」と言われました。

当時27歳だった私。まだ独身で、もうすぐ30歳になることを考えたら、転職のチャンスは今しかないかも・・・と本気で迷っていました。

しかし、じゃあいざ履歴書を書こう!と思っても、全く手が動かなかったんです。笑
「転職して、ちゃんと経験を積んだ方がいい」って頭ではわかっていましたが、自分の気持ちが全くついていきませんでした。

その時に、自分が体調を崩してしまった時のことを思い出したんです。
今まで世間体ばかり気にして、自分の気持ちを大切にしないできたから、身体が我慢の限界だってサインを送ってきたはず。

「会社や環境に縛られない働き方をしたい」

その想いで、いっぱい悩んでたくさん模索をしてきた中で、やっと「これだ!」と思えるWebデザインに出会ったのだから、ここでまた「世間体を気にした選択」をしてしまったら何も変わらないと思いました。

そして意を決して、スクール卒業と同時にフリーランスになりました。

(活動用にフォトグラファーのお友達に初めて撮影してもらった写真)

そんな長ーい長ーい道のりがあり、今の私があります。

「ゆりかさんはWebデザイナーとして最初から上手くいってるイメージでした。」とよく言っていただけるのですが、全然そんなことありません。

体調を崩して退職してしまった時は、本当にどうしたらいいかわからなくて毎日のように泣いていました。自分の人生をどうにかしたくて、必死に模索して、OL時代にコツコツ貯めてきた貯金を崩してネイルスクールに通ったり、簿記の資格を取得してみたものの、資格を取得しても何も変わらない現実。

社会人になるまで、わりと順風満帆に生きてきた私にとって、それは人生最悪のドン底期でした。

でも、そんなドン底期があったからこそ、本気で自分と向き合うきっかけが出来たと思っています。なんだかんだ我慢強い私に、「そんなに我慢しなくていいよ!」と体調を通してサインを送ってくれた自分の身体に今では感謝しかありません。

私はこの経験から「人生は自分の力でいくらでも変えられる」と学びました。

What I value – お仕事・活動への想い –

「女性が、自分を大切にできる働き方を実現するサポートがしたい」

自分自身が働き方に悩んだ経験があるから、そんな想いを持って活動しています。

特に、女性はライフステージによって生活が大きく変わります。
これから出産を控えている身として、その大変さを実感する毎日です。

「仕事か、女性としての幸せか、どちらかを諦めなければいけない」

多くの女性はそんな風に思っていると思います。
実際に、特に30代に突入する目前の29歳の年には、周りの友達たちがキャリアについて悩んでいる姿を目の当たりにしてきましたし、講師業を通して出会ってきた女性たちの多くが同じように悩んでいました。

でも「どちらかを諦めなくちゃいけない」なんてことないと思っています。
私はフリーランスになったことによって、どちらも諦めないで両立できるライフスタイルを手に入れることが出来ました。

悩んでいる多くの方が、その「選択肢」と「方法」を知らないだけ。
「選択肢」があることと、それを実現する「方法」がわかれば、誰でも実現できることだと思っています。

元々超安定志向の銀行員だった私自身が叶えられたことが一番の証拠です。
だからこそ、私が伝えられることを伝えることで、一歩を踏み出せる女性が一人でも増えたらという想いで発信をしています。

「理想の働き方を叶えたい!」
「好きなことを仕事にしたい!」

誰にも言えなくて、
諦めかけてしまっているかもしれない、
あなたのその素直な気持ちを、
是非大切にしてあげてください。

そのやり方さえわかれば、きっと叶います^^

そんな想いを持っている方々の
少しでもお役に立てるように
発信していきますので
少しでも参考になれば嬉しいです♡

ゆりか
ゆりか
理想の働き方を、一緒に叶えていきましょう♡

講座やイベントのご案内は、メルマガにて優先案内をさせていただいております。ご興味のある方は、メルマガにご登録いただけますと幸いです♡

最後までお読みいただきありがとうございました^^

RELATED POST
Webデザイン

未経験からフリーランスWebデザイナーになって3年目の私が考える『活躍できるフリーランス戦略』

2020年7月6日
Freelance Style │ フリーランスWebデザイナーで叶える私らしい働き方
私は2018年1月に未経験からフリーランスWebデザイナーとして活動をはじめ、3年目(2年と半年)を迎えました! 講師業やト …
Webデザイン

最短で軌道に乗せる!未経験の私がフリーランスWebデザイナーになるためにやってきた勉強

2020年6月22日
Freelance Style │ フリーランスWebデザイナーで叶える私らしい働き方
Webデザイナーを目指してみたいな!と考えた時に、まず何から手をつけたらいいの?と、悩んでしまう方多いのではないでしょうか。  …
フリーランスの働き方

【動画プレゼント♡】フリーランスで好きを仕事に!私らしい働き方を叶えるメールマガジン

2020年6月20日
Freelance Style │ フリーランスWebデザイナーで叶える私らしい働き方
無料メルマガ登録はこちら♡ フリーランスで好きを仕事に!私らしい働き方を叶える方法 「時間や場所に …