Webデザイン

未経験からフリーランスWebデザイナーになって3年目の私が考える『活躍できるフリーランス戦略』

ゆりか
ゆりか
こんにちは!フリーランスWebデザイナーのゆりかです!
「選ばれるWebデザイナー」になるための方法や個人で活躍するための方法について発信してます♡

私は2018年1月に未経験からフリーランスWebデザイナーとして活動をはじめ、3年目(2年と半年)を迎えました!

講師業やトークイベントに登壇させていただく機会もあり、「未経験からどうやってフリーランスWebデザイナーになれますか?」と多くの方からご相談をいただきます。

実際に、私も「フリーランスになる!」と決める前に、転職するか?フリーランスになるか?本当にフリーランスとしてやっていけるのか?すごく悩みました。

そんな私も、今フリーランス3年目ですが、ホームページ制作の受注も安定していただけており、企業さんからの依頼で講師業をさせていただき累計受講者数は600名以上になりました。一番不安だった収入も、右肩上がりで実はOL時代よりもしっかり稼げています!

この記事では、「私が未経験からフリーランスになって、軌道にのせるまでにやってきたこと」を包み隠さずお伝えしたいと思います!

結論

・未経験からでもフリーランスWebデザイナーになれる!
・フリーランスの肝は「実績作り」
・スキルアップだけでなく、とにかく実践をしよう

こんな方にオススメ!

・Webデザインスキルを身につけたけど仕事に繋がらない
・未経験からフリーランスWebデザイナーになれるのか不安
・フリーランスになりたいけど、個人で案件を受注する方法がわからない

私が未経験からフリーランスになった理由

「フリーランス」というと、向上心が高いとか、意識の高い人と思われがちですが、私は元々超安定志向で新卒では銀行に入行しました。当時の夢は、このままこの銀行で安定した暮らしをして寿退社をすることです(笑)

そんな私が、なぜ「フリーランス」という働き方を選んだのか?というと、OL3年目に営業職に就いたことで体調を崩してしまい、会社で働けなくなってしまったことがきっかけでした。

そして銀行を泣く泣く退職し、その時に初めて「環境に縛られない働き方をしたい」と考えるようになりました。

当時は20代半ばだったので、誰に相談しても「第二新卒として扱ってもらえるから、転職した方がいいよ」と言われたのですが、私の目標は「会社や環境に縛られない働き方を実現すること」。
転職活動を念頭に置きつつも、「まずは手に職をつけよう!」と考え、ネイルスクールに通ったり、簿記の資格を取ってみたり、とにかく自分にできることを模索していました。

Webデザイナーを選んだ理由

そんな時に、たまたま「ゆりかちゃん、WordPress作れる?」と知り合いの個人事業主の方にお願いされたことがWebデザインを知るきっかけでした。

その時の私は、もちろんWordPressなんて触ったこともありません(笑)
ただ、元々パソコン作業が割と得意だったので、とりあえずやってみようと思い、引き受けてみたら思いの外楽しく作ることが出来たんです。

そして「これは仕事になるかもしれない!」と思い、Webデザインを学ぶことを決めました。

Webデザインの勉強方法

Webデザインのスキルを身につけるために、スクールに通うべきか?独学で勉強するか?というのは多くの方が悩むポイントだと思います。

結論から言うと、私は約50万円かけて半年間Webスクールに通って勉強し、卒業と同時にフリーランスWebデザイナーとして活動を始めました。

Webスクール?独学?どっちがいい?

周りに独学でWebデザイナーになった方も沢山いらっしゃるので、Webデザインの基礎スキルは独学でも習得できると思います。

が、私は意志の弱いタイプなので(笑)、強制力のある環境が欲しかったのでスクールを選びました。

スクールに通う一番の悩みポイントは「学費がかかること」だと思いますが、私自身は高いお金を払うことで「絶対に元を取らなくては!」というプレッシャーを自分にもかけることが出来ましたね。笑

そして、スクールに通うメリットは、現役で活躍する先生に色々質問をできることや人脈に繋がること。私自身、通っている時は「人脈を作ろう!」なんて全く考えてもいませんでしたが、結果的に当時の繋がりで今もお仕事をお願いさせていただいていたりします。

ゆりか
ゆりか
スクールに通うか?独学で勉強するか?は、結論どちらでも大丈夫!自分に合った方法を選択しましょう!

フリーランスになるために必要なスキルレベル

「フリーランスとして仕事するためには、どこまで勉強したらいいですか?」とよくご質問いただきます。

が、まず考え方として「どこまで勉強する」という発想が違うと思っていて、仕事にするためには「お客様が求めているものを形にできるスキル」を身につけることが必要になります。

なので、大切なことは「お客さまが何を求めているのか?」と知ること。

私の場合、スクールでHTMLとCSSのスキルを学んだ後、卒業制作の時点でお客さまに提供することにしました。そして、とにかく案件をこなして、足りないスキルを身につけていくスタイルでやっていきました。

多くの方が「まだ自分は仕事できるレベルじゃない」と踏み止まってしまうのですが、そもそも「仕事でどんなことが求められるのか?」「お客さまが何を求めているのか?」を知らないケースがほとんどです。

ゆりか
ゆりか
事件は会議室じゃなくて、現場で起きている!
いつまでも会議室にこもって勉強していては何もわからないので、まずは現場に出みよう!

フリーランスの初案件獲得方法

「個人でどうやって仕事を受注するの!?」
「フリーランスってどうやって初めての仕事をとればいいの!?」

これは絶対皆さんが気になることですよね!
コネも人脈も実績もない、全くの未経験の私も最初はそう思いました。

そんな私でも、ホームページ制作の初案件を受注してお仕事が繋がっていったので、具体的にどうやってきたのか?お話したいと思います!

初案件はFacebookで気になった人に営業メール

コネも人脈も実績もない私がこれからWebデザイナーとしてホームページ制作を提供していきたい。

そのために必要なことは、まず「実績」を作ることだと考えました。
では、どうやって「実績」を作ればいいのか?

まずは自分の認知を広めるために、SNSを活用しました。
当時はFacebookを利用して、個人でビジネスをしている人とどんどん繋がっていきました。そして、ただ繋がりを増やすのではなく、お仕事に繋げるためにも、ちゃんと自分の発信をすることで「信憑性」を育てることを意識して、フリーランスになると決めていた半年前くらいから自分のアカウントを温めていきました。

そして、この人のホームページを作りたい!と思える「自分にとっての理想のお客さま」をFacebookの中で探したんです。

当時の私は「女性らしい、可愛いホームページを作りたい!」と考えていたので、その雰囲気に合ったポーセラーツというお稽古サロンを主宰している方に目星を付けて、この時に人生で初めての営業メールを送りました!

銀行員時代に営業の経験はありましたが、全く面識のない方に自ら営業メールを送るというのは本当に本当に緊張したことを今でも覚えています…!

・自分は何者なのか?
・どうして、どんな想いで連絡したのか?

を熱い想いを乗せて、何度も何度も読み返して書き直して、えいっ!と送信。

ドキドキして待っていたら、「熱い気持ちが伝わりました^^是非お願いします!」とお返事をいただけた時の感動は今でも鮮明に覚えています。

ゆりか
ゆりか
SNSを上手く活用できると個人の活動の幅はぐっと広がります!自らを発信して信頼を作っていきましょう!

ポートフォリオサイトは必要?

自分が何者か?がわかるサイトは早めに作ることがお勧めです!

ポートフォリオサイトというと「掲載する実績がまだなくて作れない…」と考えがちですが、私はまだ実績が何もない営業メールを送る前に、自分がどんな活動をしている人かわかる簡単なブログを作って発信していました。

SNSでいくら発信していても、面識もなく、どんな人かもわからない人に仕事をお願いするってめちゃくちゃハードル高いと思います。
実際に、営業メールをお送りした方からも「発信を見てどんな人か判断できた」と言っていただけました^^

最初から完璧なサイトを作ろうとすると自分へのハードルが上がってしまうので、「相手に、自分が何者かをちゃんと伝える」という視点で、簡単でもいいので作ってみましょう!そして、後からどんどんプラッシュアップしていけば大丈夫です!

ゆりか
ゆりか
何事も「相手目線」で考えることがとっても大切!

フリーランスの肝は「実績作り」

フリーランスはとにかく「実績」が命!

あなたが作った「実績」は、「私はこんなサイトが作れますよ!」ということを相手に示す重要なものになります。
特に駆け出しの頃は、一つ一つの実績の積み重ねが大切になっていきます。

しかし、意外と「実績作り」に失敗している人が多いのも現実。
ここからは、次のお仕事に繋がる「上手な実績の作り方」についてお話したいと思いまし。

Webデザイナーとしての上手な実績の作り方

まず考えるべきことは「これからどんな仕事をしていきたいのか?」ということです。

例えば、私の場合、フリーランスWebデザイナーとしてホームページ制作をメインのサービスとして活動していきたいと考えたので、最初にホームページ制作の実績を作ろうと考えました。
そして、どんなホームページを作りたいのか?というと、かっこいいコーポレートサイトとかではなく、女性らしいデザインのサイト。なので、そういうホームページを求めている女性をターゲットに絞り込んだという流れです。

よくある失敗例としては、ホームページ制作をしたいと考えているのに、実際にやっていることはバナー作成ばかりで、自分の実績を並べてみたらバナーの実績しかなかったというパターン。

もちろん、何も実績がない状態よりははるかに良いのですが、目的が不明確なまま、ひたすら実績だけ作っても効率が悪いので気をつけましょう!

ゆりか
ゆりか
「これからどんな仕事がしたいのか?」から逆算して、次に繋がる実績作りを心掛けましょう!

次の仕事を運んできてくれるのは「信頼」

また、実績を作るときに大切にしなければいけないのは「信頼」を作る仕事をすること。

駆け出しの頃って、制作にかかる労力に見合った報酬をいただけないことも正直多いと思います。
実は私自身、先程お話した営業をかけて獲得した最初のホームページ制作は「無料」で行いました。

「無料はよくない」ともよく言われますが、その理由として「ちゃんとお金を頂かないと自分もいい仕事ができないから」ということが挙げられます。
しかし、私は「無料」であっても、その時自分が提供できる一番良いものを作ろうと最大限の努力をしました。何故なら、その制作の目的は「お金を稼ぐこと」ではなく、「実績を作ること」そして「その実績から次の仕事につなげること」だったからです。

スクールで学んだばかりの知識で、初めての制作で、至らないことはきっと沢山あったと思います。それでも自分なりに最大限に努力をしたことで、お客さまにはとても喜んでいただけたし、実は2年半経った今も仲良くさせていただいてます^^

そして、その最初の実績のおかげで、次の仕事に繋がり、また次の仕事に繋がり…とどんどんお仕事が繋がっていき、実績を積むことができています。

ゆりか
ゆりか
目先の利益にとらわれず、目的を明確にして、しっかり「信頼」を積み重ねましょう!

まとめ:未経験からフリーランスWebデザイナーになりたい方に伝えたいこと

フリーランスとしてお仕事をしていくためには、兎にも角にも「相手目線」で考えることが大切です。

大切なこと「相手目線で考える」

どこまでスキルアップしたら良いのか?
→お客さまの役に立つためには、どんなスキルが必要か?

どうやって仕事を獲得したら良いのか?
→どんな人に仕事を頼みたいと思うか?

どうやって仕事を獲得したら良いのか?
→どんな人に仕事を頼みたいと思うか?

「フリーランスWebデザイナーになりたい!」
そのきっかけはなんでも良いし、自分の気持ちを大切にすべきだと思っています^^

だた、自分の想いばかりが先行して、「仕事=誰かの役に立つこと」という本質を忘れてしまっている人が多いのかなと思います。

フリーランスとして活躍するということは、誰かの役に立つことです。
何事も「相手からの視点」を忘れずに、考えて行動していきましょう!

ゆりか
ゆりか
仕事=誰かの役に立つこと!自分がどんな人の役に立てるのか?どんなことで貢献できるのか?お客さま視点から考えてみましょう!

選ばれるWebデザイナーになりたいあなたへ

「時間や場所に縛られない働き方をしたい!」
「フリーランスという働き方に興味がある!」
「Webデザイナーになって好きなことを仕事にしたい!」

フリーランスを目指している方や個人で活躍したい女性に向けて、働き方や独立するためのマインドについて情報をお届けしています♡

メルマガ登録で、『フリーランスで好きを仕事に!私らしい働き方を叶える方法』というトークイベント動画プレゼントしています^^

RELATED POST
フリーランスの働き方

【動画プレゼント♡】フリーランスで好きを仕事に!私らしい働き方を叶えるメールマガジン

2020年6月20日
Freelance Style │ フリーランスWebデザイナーで叶える私らしい働き方
無料メルマガ登録はこちら♡ フリーランスで好きを仕事に!私らしい働き方を叶える方法 「時間や場所に …
Webデザイン

最短で軌道に乗せる!未経験の私がフリーランスWebデザイナーになるためにやってきた勉強

2020年6月22日
Freelance Style │ フリーランスWebデザイナーで叶える私らしい働き方
Webデザイナーを目指してみたいな!と考えた時に、まず何から手をつけたらいいの?と、悩んでしまう方多いのではないでしょうか。  …